ドラマ好き必見!「 薔薇のない花屋 」

2008年04月18日

第6話 「 暴かれていく秘密 」

 汐見英治(香取慎吾)が白戸美桜(竹内結子)に目の手術費用を渡したことを知った菱田桂子(池内淳子)は驚く。桂子はあらためて英治に“白戸美桜”という名の看護師が病院に存在していたことを伝え、自分で確かめるように執拗に迫った。


 怪我をした工藤直哉(松田翔太)が小野優貴先生(釈由美子)伴われて、汐見家に帰って来る。居合わせた四条健吾(寺島進)は、直哉が優貴先生のマンションで養生をしていたと知って嫉妬。一方、直哉は美桜が英治から金を受け取ったことを知り、その金を自分に預けるようにと指示した。しかし、美桜は金を安西輝夫(三浦友和)に預けたと言う。


 そんな時、『喫茶コロン』に安西が現れて、雫(八木優希)に接近してくる。安西は自宅に雫を招き、自分が祖父であることを明かした。


















 
英治は、美桜が看護師をしていると言う桂子の気がすむようにと、念のため病院を訪れる。ナースステーションに行き、確かめようとするのだが、思い直して帰
ることに。だが、病院を出ようとした英治は見てしまう。ちょうど到着した救急車から搬送される患者に付き添っていたのは、美桜その人だった‥。

 家に帰ると、英治は雫と次に暮らすアパートの相談。英治は、美桜を確認したことを桂子に話すのだが、金のことには無関心だった。


 そんなことを知らない美桜は、退院したと英治に連絡してドライブに連れて行って欲しいと頼む。手術をしたと目に包帯
を巻いて嘘をつく美桜に、英治はそれまでと変わらない態度で接する。英治は美桜に自分を騙した理由を聞こうとするのだが、出来ない。そして、海に着くと英
治は美桜の包帯を外してやる。嘘をつく美桜…その嘘を知りながらも、知らないふりをする英治は…。


 

(公式サイトより引用)



posted by dusty_attenborough at 01:11| 第6話「暴かれていく秘密」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。