ドラマ好き必見!「 薔薇のない花屋 」

2008年04月18日

第9話 衝撃!全ての真実

 汐見英治(香取慎吾)の前に突如現れた神山舜(玉山鉄二)。海外で外科医をしていた舜は、今回、難しいオペのために安西輝夫院長(三浦友和)から呼ばれたことを英治に伝える。その時の舜は、安西と英治の関係を何も知らない。

 そんな中『フラワーショップ雫』を閉めた英治は、白戸美桜(竹内結子)の勧めもあって、彼女のアパートに身を寄せることとなる。ある日、病院からの帰宅途中、美桜は偶然舜と会い、タクシーで送られることになった。車の中で、美桜は舜のあまりにも合理的な物言いや態度に不快感を覚える。ちょうどその時、小野優貴先生(釈由美子)が、工藤直哉(松田翔太)の借金を取り戻すと言ってから姿を消したままの四条健吾(寺島進)を心配し、美桜のアパートに住む英治に相談しに来ていた。そこへ美桜と舜を乗せたタクシーが到着。期せずして、4人が顔を合わせることになる。

 美桜と小野先生は、英治と舜の関係が気になる。舜が英治と自分は“名も無き戦士だった”と語ると、小野先生はあることに気づくが、美桜には分からない。また、英治が薔薇を売っていなかったと聞いた舜は、自分たちを売ることは出来ないと言う。自分たちが、薔薇のようにトゲを持っているからと言う舜を英治が制した。











 そんな間に、四条は英治の金を取り戻すことに成功。さらに四条は、菱田桂子(池内淳子)から、雫(八木優希)が英治の本当の子ではないことを知らされた。一方、直哉は雫の本当の父親探しに必死。雫の母、彼女(本仮屋ユイカ)が小野先生と同じ大学出身だったこともつきとめた。

 ある日、美桜は英治にこれまでの自分の行いを全て告白することを決意。しかし、英治は話を聞こうとせず、舜の呼び出
しにアパートから出て行ってしまう。舜と会った英治は、雫の母が安西院長の娘で、しかも死んだと話す。英治が、安西院長は自分を雫の父親だと思い憎んでい
ると話したとき、美桜が現れた。舜は、平川辰巳(尾藤イサオ)の執刀を自分がするためにも、安西院長に黙っていてくれと美桜に告げる。


 次の日、英治は四条が取り戻してくれた金を受け取る。そこで、英治が美桜への伝わらない想いを話すと、四条はその背中を押した。


 美桜はアパートを引き払おうとしていた。美桜は英治が全てを隠そうとしているのがもどかしくてならなかったのだ。そこに英治が現れる。英治は、美桜に告白しようとしていたのだが、先に別れを告げられてしまう。


 その頃、安西院長に直哉が電話をかけていた。直哉は小野先生とともに、雫の本当の父親を探していたのだ。そして、どうやら神山舜だと伝え…。

 

(公式サイトより引用)



posted by dusty_attenborough at 15:34| 第9話「衝撃!全ての真実」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。